日本理化学工業×いしはら×チョーク

学校の黒板などに書く為のチョーク「白墨」を作っている会社、日本理化学工業をご存知ですか?

知っている方も多いかも知れませんが、日本理化学工業は「口に入れても安全」なチョークを作っていることでも有名ですが、それだけではないのです。

実は、日本理化学工業全体の70%以上が、知的障がいのある社員さんなんです。

障がいのある社員が、まず今ある能力で仕事ができるように、そしてより能力を高めていけるように作業方法の工夫・改善をおこない、環境作りに努めています。(日本理化学工業HP

 

そんな社風と言いますか、スタンスに共感した僕は、実は日本理化学工業のキットパスインストラクターでもあります。

先日、「おとぎ町」と言う皆で整地をしたり作物を作ったりする秘密の場所で行われたイベントにて、インストラクターとしてパフォーマンス、ワークショップを行わせて頂きました。(ボランティア)

大人はウェルカムボードの描き方、また子ども達とは「キットパス」で窓などに自由に絵を描いて遊びました。※キットパスはガラスなどにカンタンに描いて消せるんです。

大人も子どもも楽しんで頂けたようです。

いしはら鍼灸院石原は、小さな括りだけでなく色々な視点、場所からも地域活度を行ったり、純粋に楽しむことも大切にしています。

奇跡体験!アンビリバボーHP

人間の究極の幸せを実現させたチョーク会社!?

日本一幸せな従業員たちのアンビリバボーなドキュメント!?

「奇跡体験!アンビリーバボー」(フジテレビ系)5月17日(木) 19:57〜21:00で、日本理化学工業の取り組みが特集されました。


ピックアップ記事

facebook