イベント

池袋中学校三年生の授業を担当、いけよんプロジェクト

誰もが暮らし続けられる町にしよう@いけよんプロジェクト

地元の医療介護連携の会いけよんプロジェクトでは、昨年同様に池袋中学校三年生向けに授業を行わせて頂きました。

池袋中学校では、一年生から地域のボランティア活動や高齢者との交流を行なうなど、地域との交流や繋がりが濃い学校です。

土屋医師(土屋医院)が豊島区の現状や、消滅都市とまで言われたこの町を医療や介護を通して語り、吉田ケアマネ(池袋えびすの郷)がハブとなり連携をしている各専門職(医療介護ほか)を動画やスライドを用いながら紹介し、生徒の声を引き出してくれました。

この日授業に参加した三年生たちは、各地高校への進学や就職などで巣立って行きますが、我々地域の者たちが手を取り合って、子供たちが帰って来たい町、住んでいたい街にして行きたいと思いますね。

この模様はTVや新聞で取り上げられる予定です。

当院も紹介されました。

池袋中学校三年生の皆様、卒業おめでとうございます!

error: Content is protected !!