イベント

なんとめでたいご臨終・豊島区民講演会開催

なんとめでたいご臨終・豊島区民講演会開催

本日、22日(土)15:30~(15:00開場)池袋本町小学校・つながりホールにて、地域医療、介護、福祉の事業所及び住民で構成される「いけよんプロジェクト」の主催で、豊島区池袋地区、区民講演会が行われます。(今回は地域住民向け)

プログラム

  1. はじめに「地域の取り組みと在宅での看取り」
  2. 一般講演1「母の看取りから学んだこと」
    池袋本町在住 佐野 千恵子 さん
  3. 特別講演「なんとめでたいご臨終」
    医療法人聖徳会小笠原内科院長 小笠原 文雄 先生
  4. 一般講演2「在宅介護とお金の話」
    シニア・ライフプランナー久保 範恭 氏
  5. おわりに
    「いけよんプロジェクトのこれから」

ーーーーーーーーーーーー

お友達、ご家族お誘い合わせの上ご来場ください。
17:30前後の終了を予定しています。

会場の最寄り駅東武東上線「北池袋駅」至近です!
池袋駅より一つ目の駅になります。(上下、各駅停車をご利用下さい)

いけよんプロジェクト及び地域医療・介護・福祉の事業所や職員を中心としたお手伝いさんと共に、いしはら鍼灸院石原も笑顔でお待ちしております!

小笠原文雄先生

小笠原文雄(おがさわら・ぶんゆう)先生は、「なんとめでたいご臨終」の著者であり、医療法人聖徳会笠原内科の理事長兼院長です。

 

1948年岐阜県羽島市生まれ。1973年名古屋大学医学部卒業している医学博士。名古屋大学第二内科(循環器グループ)医員を経て、1981年に一宮市立今伊勢病院医長、1989年に小笠原内科を開院し院長に。また、1999年医療法人聖徳会小笠原内科理事長となり、2012年度厚生労働省委託事業の在宅医療連携拠点事業所を受託。「上野千鶴子が聞く。小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?」や教科書の執筆など多数。

更新10/23

池袋本町小学校にて行われました、「いけよんプロジェクト」豊島区民講演会にお越し頂き、本当にありがとうございました。

雨も止み地域の皆様にお会いしお話が出来ました事を、プロジェクトメンバーも大変喜んでおります!

また、アンケートのご協力もありがとうございました。

一部、抜粋してご紹介します。

・とても良いお話しだった。

・ためになった。

・親の時病院だったからホントは家が良かったのかな?

・最期はやっぱり病院かな?

等、様々なご感想をいただきました。

勉強会が人生の最終段階について考えるきっかけに繋がって頂けたのではないかと思い、主催運営をさせて頂き本当に良かったなと思いました。

講演を行って頂きました池袋本町在住の佐野千恵子さん、ライフプランナーの久保範恭氏、そして特別公演の「なんとめでたいご臨終」著者でもあります小笠原文雄先生。

改めて、本当にありがとうございました!

いけよんプロジェクト今後は?

いけよんプロジェクトは、今後もイベントや講演会、交流会を行って行きます。

次回予定は、池袋本町公園で行われます「ふれあいまつり」に、昨年同様いけよんプロジェクトとして出店参加をいたします。

昨年同様、アロマを使った簡単なワークショップや、医療介護の相談ブースを予定しております。

いけよんプロジェクトメンバーは、医師だけでなく、歯科医、薬剤師、看護師、介護士、福祉用具、ケアマネージャー、ソーシャルワーカー、訪問リハビリ、訪問マッサージ、訪問鍼灸,包括、特養、老健、などで構成され、当日も参加していますので、普段聞けないようなお話やご相談も出来るかと思います。

「池袋本町ふれあいまつり」
10月7日(日)〜10月8日(月・祝)
http://www.toshima-kushoren.gr.jp/event/2018/20181007_akind.html

訪問マッサージ、いしはら鍼灸院石原は、いけよんプロジェクト運営委員会の委員です。

是非お越しください。